北海道のイトウ

イトウと岩魚2足のわらじ

更新履歴
北海道のイトウと岩魚
北海道のイトウ
人物紹介
リンク
書籍 文献紹介
意見感想
プロフィール

イトウ北海道で自然繁殖をする資源豊かな地を対象に産卵観察、時には竿を片手に道内各地の河川や湖沼を巡る。

北海道が蝦夷ヶ島と呼ばれた時代。灰汁の強い自然に憧れ、竿を片手に原野の森を歩き垣間見た幻の魚。

釣りから始まった探求心から生態へと。下町観察記とは言え、独学でそれに費やした時間は長く、独自の目から通した不思議を紐解いてゆく・・・

破壊される森

幻の魚イトウ、その資源がどうのというよりは、なにものでもない北海道の森、そのものが危機的、幻であるのだと自然回帰する聖地が物語る。

 北海道のイトウが自然繁殖をする源で行われる破壊。幻の魚が産卵し終えた側で、破壊マシーンが卵を埋め戻す。北海道、最後に残される聖地で行われる開発。

道内で最も幻の魚なる資源が多い聖地。これまで手が付けられずに「破壊」されずに残されていた森も、これを境に大きく変わっていくことだろう

北海道でかつて王国を築いた原野。大規模に改修された大型排水路に幻の魚が帰る。そこに広がる森を復元することができたらどんなに素晴らしいだろうか・・・

幻の魚 紀行

北海道の大地に残される原野、その最後の秘境、友人と2人で原野の森核心部へと誘い、幻の魚を求め太古から流れる褐色の水路を旅する幻、釣行記。

幻の魚が現る北海道、原野の森。湿原から始まる旅は産卵しに遡上する源へと場を移し、北海道に残される聖地を巡る。雌をめぐる雄の戦い。

北海道に初夏を迎えた原野の森、濁りが落ちた褐色半透明に彩る原野の森を歩き幻の魚を追う。水界に広がる核心部へと向かう。原野の真っ只中から見渡す森は秘境そのもの。

北海道の森は消える前の電球?最後に残された大地。幻の魚が群れなし遡上する春の川。湿原に注ぐ大規模排水路を?旅する。

北海道で多くの幻、逸話が残されている伝説の地。幻の魚を求めて北の真夏、湿原の真っ只中を貫通する流れを旅する。

北海道だけに残される広大な原野に広がる湿原の川を巡る。あれだけの面積が残される高層湿原を他で見れるだろうか。源から溢れ出た水は静かに海へと注ぐ。

ここ北海道、幻の魚が棲む聖地へは何度、足を運んだだろうか。聖地の森に夏が訪れると、大量の蚊が歓迎してくれる。幻の魚は何処だと何度も折り重なる流れを静かに下る。

お便り

 北海道で在住である同士からのお便り。北の川を中心に釣り歩く画像を基に幻の魚を語る。

イトウの故郷ロシア極東

もはや幻の巨大魚は、ここロシアにしか在らず。道内に生息する同種の巨大魚を追い極東の森を旅する釣行記。

かつて蝦夷ヶ島と呼ばれた面影をロシア極東で見る。日本は北海道と同種hucho perryiが見られる世界最後の秘境。

 原野最後の秘境へ再び。幻の魚と呼ばれる巨大魚に出会う。幻の魚はあまりにも力強い。

      イトウと岩魚2足のわらじ   北海道のイトウと岩魚     北海道のイトウ   

     更新履歴   プロフィール     書籍文献紹介
        人物紹介